和田ブログ

続 見ているし、、、見られてる!合同企業説明会にて

2017年05月15日

こんにちわ。

先日の当ブログにて

見ているし、、見られている合同企業説明会にて

と題しまして 新卒求人のための合同企業説明会の お話をしましたが、

今日はその続きのお話を。。

 

題して「本当に見られている!」(当たり前)

 

いくつかの合同企業説明会にブースを出展し、

その後会社訪問に来てくれる方が何名も現れ、、

「説明した内容で興味を持ってくれて嬉しいわ~。

 少なくとも説明で、”この会社嫌だわ”と思っていない証拠だわ~

私の印象で会社にマイナス印象にならなくてよかったわ~」などと

まずは、ほっとしたのですが、

会社に来てくれた方、女性(特定の方ではなく何名か)が

女性の説明員(私)が1人で来ていたのが印象に残ったと言ってくれました。

(まわりの企業はサポートで女性がいる場合もありますが、

ほぼ説明は男性だったらしいので)

女性もこうやってバリバリ仕事出来るような会社の印象が残った。と。

いうようなお話をしてくれました。

 

そう、何を隠そう、今年の説明員は私一人。

プロジェクター、PC、スクリーンを持ち込み、

動画を流し、説明もパワポで紹介!

こうした作業は、セミナーなどで対応しているので、

結構スムーズに設定しいるつもり。。。

そして、結構ノリノリ。。元気にできていると思います☆

 

 

で、これは弊所、作為的に女性を配置しているのではなく

もともと弊所の副所長(女性)と共に、広報的な仕事をしている私が

参加していたのですが、

無事免許皆伝?を頂き、1人でいくようになった。という具合です。

なので、女性だから特別私が行ったというわけではありません。

 

勿論、弊所は男女の差無く、仕事に打ち込め、

将来的に「女性だから、、◯◯どまり。。。」ということはないので、

女性がバリバリ仕事!と言うのは間違いありません。

ただ、たまたま私一人で行っていた説明会もこうして

プラスの印象に残ったことが、とてもうれしく感じました。

 

そして、

次回説明会がある時は、より戦略的に、

参加する学生に印象付けることが何かできないかと思いました。

 

よく言われているのは、

「イケている若手社員を連れて行く」なので、

できれば実行したいな~と思いました。

 

こちらのブログをご覧になっている方も

自社の求人を募集する際には、

「◯◯ということが、自社の魅力と感じてほしい!」

というコンセプトを決め

説明員の選定や、説明方法を検討してはいかがでしょうか?

 

 

一覧に戻る