weekly通信

旭山動物園の入園者が減っている

2017年04月12日

というニュースが出ていました。

2016年度の入園者数は142万人で

150万人を割り込むのは12年ぶりだそうです。

 

「行動展示」という手法でブームになり、

2006年度には年間入園者数が300万人を超え、

国内では上野動物園に次ぐ入園者数を誇った旭山ですが、

ピークに比べると半減した形です。

 

ブームのころは園内が人だらけで

人気のある動物を見るのが大変でしたが、

去年はたしかに混んではいたものの、

比較的楽に動物を見られるようになりました。

(私は実はほぼ毎年行ってます)

 

東京のど真ん中にある上野動物園とは違い、

立地的には圧倒的に不利で

おまけにパンダのような珍しい動物もいない旭山が

ここまでよく頑張ったとも言えますが、

その他のビジネスと同様、

成功しつづけることがいかに難しいか

ということが、旭山の例でもよくわかります。

 

今年50周年を迎える旭山動物園は

実は私と同い年なんですが、

私と同様、もう少し頑張ってほしいもんです。

一覧に戻る