ふたば便り

令和2年3月決算の留意点

 今年度の個人の確定申告期限(3月16日)が迫ってきましたが、多くの3月決算企業の経営者の方々にとっても、今期の決算申告をどうするか、そろそろ考え始める時期ではないでしょうか。そこで今月は、今年度に適用可能な優遇税制など […]

続きを読む

令和元年度の確定申告における注意点

今年も確定申告の時期が来ました。令和元年分の所得税の確定申告書の受付は令和2年2月17日(月)から同3月16日(月)まで(還付申告の場合は令和2年2月14日(金)以前でも可能)です。また納付期限は3月16日(月)まで(口 […]

続きを読む

令和2年度の税制改正大綱

昨年12月12日に政府与党は令和2年度税制改正大綱を発表しました。正式に決定するのは3月末の国会通過後になる予定ですが、今回はその一部についてみていきましょう。 <所得税> □未婚のひとり親に対する税軽減及び寡婦(夫)控 […]

続きを読む

贈与税の基礎知識

贈与税は、個人から財産をもらった(贈与された)場合に、もらった個人にかかる税金です(会社など法人から財産をもらった場合は贈与税はかかりませんが、所得税がかかります)。 現預金や有価証券、不動産等の財産の贈与を受けた場合だ […]

続きを読む

相続税の基礎知識

 人が亡くなると、その人の財産について相続が発生します。財産が一定の金額を超えなければ相続税は発生しませんが、この「一定の金額」が平成27年から引き下げられ、それ以前と比べて相続税を納税しなければならない人が増えています […]

続きを読む

10月からの新・旧消費税率混在への実務対応

今年10月1日からの消費税率引上げによって、9月と10月にまたがる取引については、旧税率(8%)と新税率(10%)が混在することになるため、請求書等に記載された消費税率や消費税額をよく確認して処理する必要があります。今月 […]

続きを読む

10月からの消費税軽減税率に対応した「区分記載請求書等」の注意点

今年10月1日からの消費税率引上げと軽減税率の実施に伴い、「区分記載請求書等保存方式」が導入されます。事業者は顧客へ発行する請求書やレシート・領収証等について、現行の記載事項に加えて、税率ごとの区分を追加記載した「区分記 […]

続きを読む

10月から始まる「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)

10月1日からの消費税率引上げが近づいてきました。税率引上げに伴い、キャッシュレス・消費者還元事業(以下、「ポイント還元制度」)が、令和元年10月1日から令和2年6月30日までの9か月間限定で実施されます。その概要は下記 […]

続きを読む

役員個人の資産・私的な費用は、会社の資産・経費から明確に分けましょう

中小企業にとって、会社と役員個人の資産・私的な経費の区分は曖昧になりがちなため、明確に区別することが重要です。会社と役員との間での不動産や金銭の貸し借り、役員が私的に購入した備品やサービスの会社負担等が、金融機関の融資の […]

続きを読む

消費税の軽減税率に関わる個別事例

この「ふたば便り」の4月号では、消費税の税率10%への引き上げと軽減税率制度についてご紹介しましたが、10%の税率が適用されるか、8%の軽減税率が適用されるかについては、判断に迷うケースが数多くあります。今月はそうしたケ […]

続きを読む